代表・地区長あいさつ

  • きらめき介護塾 代表 渡辺 哲弘

    1971年5月6日生まれ。愛知県名古屋市の出身です。
    信州大学教育学部を卒業後、滋賀県内の障害者施設・高齢者施設(一般デイサービス・認知症対応型デイサービス・特別養護老人ホーム・老人保健施設・グループホーム)・居宅介護支援事業所などの介護現場で17年間、介護職員・相談員・介護支援専門員・管理者として学びました。
    ○平成25年7月「株式会社きらめき介護塾」を設立。
    ○平成27年4月「一般社団法人きらめき認知症トレーナー協会」を設立。
    現在、認知症ケアの研修講師として活動しており、昨年度は日本・ハワイの介護事業所や医療機関、行政・各種団体さまより、年間で300回ほどの研修・講演の依頼いただきました。
    研修では「認知症の“人の心”を伝える」ことを大切にお話させていただいています。

トレーナー総代挨拶

  • トレーナー総代 三浦 祐一

    社会福祉法人 天佑の三浦 祐一です。皆さまのご推薦により、トレーナーの総代及び協会の理事を務めさせて頂いております。協会の理念である「ひとりでも多く、1日でも早く 全国の方々に伝えたい」ということを実践し続けています。皆で結束し、認知症で悩む方や介護される家族の方の力になりたい。さらに子供たちの世界にも認知症を知ってもらうという新しい取組みも始まっています。予防の観点では、近年認知症を発症されている方は加速度的に増えています。さらに予備軍と呼ばれる方も増えています。これらを進行させないという取組みも必要になっています。今後もトレーナー・シスターみんなで改善のための活動を推進しましょう。

地区長挨拶

  • 北海道地区 地区長 上田恵美子

    北海道札幌市北区在住のきらめき認知症トレーナーの看護師です。今は高齢者を応援するセミナーを定期的に開催しております。渡辺先生の素朴なメッセージに共感し、きらめき認知症トレーナー協会の会員になりました。北海道では第1号となりましたので、必然的に地区長を任されております。“認知症の人”の気持ちを理解して関わることを学ぶことで一番に自分との関わりがとても優しくなりました。そしてなんということでしょう!今までの経験や学んだことに生命が宿ったかのような輝ききを見せ始めたのです。認知症の講座を開くと皆さんが同じ様な感覚になるようで、とても優しい気持ちになっているのがわかります。講師依頼をお待ちしています。

  • 東北地区 地区長 熊谷由紀

    平成15年7月にNPO法人を設立し、通所介護事業所(介護保険事業)及び宅老所(介護保険外事業)を運営。現在は、きらめき認知症トレーナーとして活動のほか、地域に住むシニアの健康増進活動として「ノルディックウォーキング」のイベントを企画したり、「健康体操教室」を開催したりしている。また、中間支援組織(NPO法人)の運営にも携わっており、市民活動団体やNPO法人、更にはコミュニティ組織等の支援もおこなっている。

  • 関東地区 地区長 鎌田拓海

    介護福祉士、介護支援専門員、認知症介護指導者を取得し現在は居宅介護支援事業所でケアマネジャーをしながら介護職員に認知症研修や地域の方々に正しい認知症の方への関わり方を伝えています。
    いまだに専門職の方でも「認知の人との関わり方がわからない。」、地域の人から「痴呆症」にはなりたくない。など多数聞かれているのが現状です。
    何故、認知症の方を認知と言うのか?何故、認知症高齢者の方が、落ち着かないのか。
    何故、その場にいることが落ち着かなく歩き回ってし まうのか?など専門職の方にはその方の心に寄り添う事。地域の方々には極力専門用語を使用しないで伝わる伝え方を意識しお伝えしています。
    また2016年12月には埼玉県のモデル事業として小学校4年生の授業参観に認知症の授業をし埼玉県桶川市で特別養護老人ホームとして始めて認知症カフェを開催します。 まだまだ未熟ですがこれからもよろしくお願い致します。その他、詳細は個人ページをご覧下さい。

  • 北陸地区 地区長 井上智則

    こんにちは 北陸地区長の井上と申します。
    新潟県新潟市在住の42歳です。
    現在、(株)ケア・クリエイト・アソシエーション代表取締役
    として新潟市内に5カ所のデイサービスとサービス付き高齢者向け住宅、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、学習塾等を開設。
    福祉に携わり14年、地域や介護施設での講演や職員研修を行なっております。
    「認知症の人に優しい地域」を目指し今後も活動していきます!
    資格 介護支援専門員、介護福祉士、社会福祉主事、終活カウンセラー上級インストラクター

  • 中部地区 地区長 春日直哉

    平成16年、長野県松本市にサングリーン(株)を設立後、デイサービスセンターたのしや(お泊り対応:定員20名)、グループホームたのしや駒ケ根(2ユニット)、介護付き有料老人ホームたのしや上土(定員30名)を展開している。
    平成23年には春日直哉社会保険労務士事務所を設立し、全国の医療機関・介護・福祉事業所の運営サポートを行いつつ、介護労働安定センター雇用管理アドバイザー、東京都福祉サービス第三者評価員としての活動も行う。“スタッフがワクワク働ける組織づくり”をテーマに、キャリアパスを活用した「①職場風土の改善②人事評価制度の構築・運用③仕事力(行動力×思考力×組織力)アップ研修」を提案している。

  • 近畿地区 地区長 西村栄一

    全国の介護事業者に「法令順守経営改善」「実地指導対策」「リスクマネジメント」の支援を行っている。91年早大卒。人材派遣会社で人事マネジメントと店舗運営。米国の州立大日本語講師、ディズニーワールド衣裳店長勤務後帰国。04年コムスン入社。クレーム、債権、行政対応と後任育成に取り組み、環状関西副支社長。10年ヘルプズ&カンパニー設立。前年176事業所指導と29行政対応、講演48回、専門6誌コラム定期執筆中。

  • 中四国地区 地区長 佐々木勝

    中国四国地区地区長の佐々木と申します。最初に福祉の分野に興味を持ったのは、小学校の頃の挨拶運動でした。何気ない一言で、声をかけられたお爺ちゃんやおばあちゃんが笑顔になってくれることが嬉しかったのを覚えています。紆余曲折はありましたが、日本社会事業大学で社会福祉を学ぶことになりました。しかし勉強や実習での感動があまり感じられなかったので、学生時代は海外青年協力隊に行く国を探して、バックパッカーをしていました。その中で自分の探していた風景や人間関係は、実は逃げたかった田舎の暮らしそのものでした。今は瀬戸田の恵まれた環境の中で、小規模の素晴らしい仲間と「安心して徘徊できる町作り」を目指して楽しんでいます。ほぼ海に居ます。

  • 九州・沖縄地区長 馬渡 隆博

    佐賀県出身の認定トレーナー馬渡 隆博(もうたい たかひろ)と申します。
    九州・沖縄地区の地区長に就任しまして約2年となりました。
    今回は、私ども九州・沖縄地区の紹介をさせて頂きます。九州・沖縄地区は北は北九州、南は熊本と九州の主要地域に医療・福祉の現場で経験豊富なトレーナー、シスターの会員が所属しております。
    会員の約7割以上が現場スタッフであり御利用者様やご家族様と日々関わりながら知識、経験を深め常に前進し続けております。「認知症の人との関わり方」を基本に日々の経験を盛り込んだ魅力ある講座の展開を九州・沖縄地区より発信して参ります。これからも宜しくお願い申し上げます。私の紹介は会員のページよりご確認頂きたく思います。

動画コーナー
認知症の"人の気持ち"思いを理解してかかわるセミナーの内容はこちら! (講師:代表 渡辺 哲弘)

大きなサイズで見る場合はこちら

お問い合わせはこちら

一般社団法人
きらめき認知症トレーナー協会

【事務局】
〒802-0001
福岡県北九州市小倉北区浅野2-9-8
KMM南館ハットリアンドアソシエイツ内
093-541-8656 お問い合わせフォーム
TOPに戻る